スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弱腰な日本政府と政治家共 

世界旅行博で韓国が「大韓民国の宝島、鬱陵島・独島」と日本語で書いたポスターで観光PR

韓国のこういう活動は確実に潰していかないといけいないと思います。
今回は外務省は以下の措置を行っていますが・・・

こうした背景から外務省は「韓国側からの入域は、管轄権や領有権を認めた誤解を与えかねない」として、日本国民の入域自粛を呼びかけている。


日本が韓国で「日本の宝島、竹島」とハングルで書いたポスターで観光PRしたら、韓国政府は即刻撤去&日本へ抗議するでしょう。
それが普通の対応だと思います。日本の対応は甘いとしか言いようがない!

竹島問題について真剣に「活動」している政治家は何人いるんでしょうか?
先月の衆議院選挙の時に思いましたが、立候補者の中で具体的に竹島の名を上げて問題解決を公約にしていた人はいませんでした(もし、誰かいたら教えて下さい)。
島根1区・2区から出馬していた人も例外ではありません。非常に情けない・・・

島根県では竹島問題をPRし多くの人にこの問題を知ってもらおうと努力しています。
しかしながらこの問題は1つの県でどうこうできるレベルではなく、日本政府や外務省の積極的な動きが不可欠です。にもかかわらず、そうした動きは皆無です(行っていたとしても国民に認知されていなのなら同じです)。

まずは多くの国民が「竹島」を知ってもらう事が第一。そして「国際的」(「歴史的」ではなく)にあの島は日本領であると認識してもらう。
多くの人が感心を持てば自然と日本政府や政治家共に対してプレッシャーになるのではないかと思います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://process20020623.blog50.fc2.com/tb.php/106-1dd17f72
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。