スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oblivion 第016話 悪夢の闇を超えて 

レヤウィンから北に位置する街、ブラヴィル。
その街の魔術師ギルドの一員クッド・エイから、ヘナンティアの救出という依頼を受けたところだ。
彼女は親友のヘナンティアを探しているという。だが、行方不明というわけではなく、居場所もはっきり判っているそうだ。
ギルドに内緒で実験を行った結果、やっかいな場所に囚われていると・・・まあ、報酬が出るのならやりましょう。

彼女に促されて、ヘナンティアの自宅へ・・・へ? 彼は自宅で囚われている?
実験によって夢の世界に囚われてしまっているらしい。ある意味、ひきこもり・・・ね。
ヘナンティアは【夢世界のアミュレット】という魔法具を作り、自分の精神世界へ逝って行ってしまったようだ。
彼は夢の世界で己の腕を磨けるのではないかと思っていたらしい。ふむ、夢の中の訓練場ねぇ・・・

貴女がその世界に行って、彼を連れ戻せばどうかしら?
なるほど、知人が行ってもそれは夢の産物だと思われて、言うことをきかないかもしれない・・・だから私に頼むのね。
って、私が彼の夢の中へ入っていくの!
大丈夫かしら・・・

準備を整えてベッドに横たえると、
「前にヘナンティアが話していたのですが、彼が夢の中で殺されると、一緒に夢の中にいた人も死んでしまうそうです」
えー、彼は夢の中の訓練場に居るのよね・・・それってかなりマズイんじゃ・・・



ここは? なんか赤い世界ですけど・・・
ベッドから起きると、目の前に男がいた。彼がヘナンティアね
・・・・・・へ? 何で私、下着姿・・・
どうやら夢の中では【夢世界のアミュレット】以外は身に付けていないようだ。おまけに魔法も使えない。
思ってたよりも危険な世界のようだ。
「迷子になってしまったんだ。この場所に見覚えがある気はするけど、どうやって来たのかも覚えていない。助けてくれ・・・」
簡単に事情を説明したが、よく判ってないし混乱しているようだ。
しかも、何か大切なものを失くしたような気がするから探して・・・とか言ってきた。

とりあえず、夢の世界の彼の自宅を探索する。
まず衣服を集めて身に付ける・・・元の世界に戻ったら、私の下着姿を忘れるくらい殴ってやる。
他にも回復のポーションを数本手に入れた。
で、この建物には4つの扉があり、それぞれ訓練場のような場所に繋がっているようだ。
片っ端から行きましょう。


「根気の試練」
奇妙な巻物を手に入れた。そこには記号の羅列が・・・何の意味だ?
先に進むとニードルの罠あった。
これって、床のスイッチと巻物の記号が対応しているんじゃ? それをヒントに罠を突破する。
罠地帯と真っ暗な通路が交互に続き・・・その先に光る球体を見つけた。
それを手にすると・・・
元の部屋に戻っていた。
もしかすると、この球体を全て集めれば彼が正気に戻り、元の世界に戻れるのかもしれない。

次に挑んだのは、「看破の試練」
たいまつ片手に罠を避けて進むだけ。
とは言っても落ちる床や、動く刃など気が休まる事がなかった。

その次は、勇気の試練。
【海探の薬】を使って水路を進むだけ。

最後は「決意の試練」
武器と防具が用意されていたので、それらを身に付けると通路を進む。
その先は闘技場のような場所に出た。そして、奥から2体のミノタウロスが・・・
ここは慌てず騒がず【稲妻の杖】で処理。
最後の球体を手に入れる事ができた。
あとはこれをヘナンティアに渡せば、元の世界に帰れる。


気が付くと元の世界に戻っていた。
・・・・・・へ? 何で私、下着姿・・・
慌てて装備を身に付けると、彼を2発殴っておいた。さあ、助けてやったんだから、報酬を出しな。
報酬が、数本の魔法の巻物とはね・・・金銭の方が良かった・・・


第三紀 433年 降霜の月 13日
クエスト【悪夢の闇を超えて】 完了

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://process20020623.blog50.fc2.com/tb.php/153-35fbbf1d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。