スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製鉄炉跡出土/雲南市 

メモとして

雲南市吉田町吉田の粟目(あわめ)1遺跡で、古墳末~奈良時代(7~8世紀)とみられる製鉄炉跡が出土したと、県埋蔵文化財調査センターが発表した。
----
出土したのは、製鉄炉の地下にある、防湿用の炭を敷き詰めた穴の部分で、長さ約2・3メートル、幅約90センチ、深さ約30センチ。穴の横には、製鉄作業で出る鉄のかす「鉄滓(てっさい)」を流す溝(幅約70~80センチ)があり、穴と溝を合わせると長さは約4・7メートル。周辺の土坑などからは、鉄滓や粘土製の炉壁の破片も出土した。

 [7~8世紀の製鉄炉跡 : 島根 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)]


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://process20020623.blog50.fc2.com/tb.php/175-fcc06b54
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。