スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「竹島の日」におけるテレビ局の反応・その後 

「竹島の日」当日は軽くスルーした地元TV局「TSK」ですが、本日の記念式典はちゃんと報道してくれました。

今年の式典には、昨年は欠席した地元選出の国会議員もきちんと参加。
お隣の鳥取県から代表者も来ていた模様。
ローゼン閣下(麻生外務大臣の事)の欠席は残念です。



で、今年もあのお方が来日。
会場入口にて日本の支援団体の人と共に軽くファッビョってました。流石に、昨年のように刃物は出さなかったようです。
その後、このオッサンは竹島資料室にて、数々の資料を前に文句を垂れていましたとさ。

しかし、ニュースキャスターがこのオッサンの事を「韓国側の専門家」と言っていたのには笑わせて頂きました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://process20020623.blog50.fc2.com/tb.php/33-a1816d9d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。