スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

充電完了 

久々に更新です。
先月から出張やらでちょっと忙しかったです。
その間、気になるニュースが多かったですが、とりあえず1つだけ紹介。

と言っても新聞やらTVニュースやらで連日(?)報道されている「三笠フーズ」の件ですが、ただの紹介じゃ芸が無いので、2ちゃんねる等で拡散されているテンプレを。

■■■【食品テロ】 殺 人 米 が10年以上に渡り流通 ■■■
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1220748817/

自然界における 最 強 の 発 が ん 性 物 質 アフラトキシンB1

(0.0015ppm = 10億グラム中に1.5グラムの濃度で、 100% 発 癌 )
                                ^^^^^^^^^^^^
に汚染された毒米が *10年以上に渡って* 食用として転売されていました。

私たちの毎日口にする お米 にはもちろん、子供も食べるおかきやお煎餅、団子やういろう、
ご主人が晩酌に嗜む 焼酎・日本酒・発泡酒 などに加工され、広く流通していた恐れがあります。
具体的な流通経路は未だに公表されていません。

以下のデータをごらんください。 この毒米と、無関係なのでしょうか。

関連記事検索 http://tinyurl.com/6hgor4

西日本を中心に流通していたと見られる汚染米だが、西日本の肝臓癌死亡率は東日本と比べて
非常に高い。
また、新潟や北海道などの米所は西日本と比べて約5%も低い。
今回の汚染米が人体に与えた影響が懸念される。
http://ganjoho.ncc.go.jp/resources/graph_database/images/OSV1098_08_2005.jpg
http://ganjoho.ncc.go.jp/resources/graph_database/images/OSV1099_08_2005.jpg

ちなみにこのアフラトキシンB1は、加熱調理では殆ど消えない事が判っている。
http://www.tokyo-eiken.go.jp/issue/health/08/1-6.html



もっと大騒ぎになってもいいんじゃないですか?
三笠&無能な農水省による国民をバカにしたこの件について深く知りたい方は、以下のまとめwikiを要チェックです。
【事故米転売】発ガン性カビ毒アフラトキシンB1汚染米問題 まとめ


以下、中の人の近況

未読の本が沢山・・・少しずつ消化中。
今、読んでいるのは、

●PHP文庫「前田慶次郎」
・大半が「花の慶次」以前の頃の話
・「花の慶次」とか「戦国無双」の印象が強い方は注意。物語冒頭の段階で慶次郎50歳オーバーですw

次に読もうと思っている本は、

●新潮文庫「一夢庵風流記」
・知らない方が多いが「花の慶次」の原作
・琉球ではなく朝鮮
●PHP文庫「おとぎ話に隠された古代史の謎」
・「宗像教授」シリーズでも取り上げられる事が多いネタ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://process20020623.blog50.fc2.com/tb.php/74-c7606d05
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。