スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oblivion 第009話 ハックダートを包む影 

オーガの棲家で得た戦利品を売却する為に、コロールのノーザン・グッズ商店を訪れた時の事・・・
店主のシード=ニーアスがこう言った。
「娘のダル=マが姿を消した・・・」
・ダル=マはコロールの南にあるハックダートという村に商品を運びに行ったようだ。
・村で店を開いているエティラ・モスリンに会って話を聞いてくれ。
・彼女の愛馬ブラッサムがどこかにいれば、その近くに娘がいるはずだ。
うーん、この店にはいつも世話になっているからな・・・ここは捜索のお手伝いしをしますか。



ハックダート・・・以前、近くを通った際に廃村だと思った場所だ。
人が住んでいるのか?
不気味な雰囲気のある村に到着。モスリンの店「モスリン衣類雑貨店」に直行する。
主人にダル=マについて尋ねてみるもここへは着ていない・・・と答えるばかり。
なんだか、とっとと出て行けと言わんばかりの態度が気に入らない・・・いや、かえって気になる・・・
少し村の中を歩いてみよう、何か手掛かりがあるかもしれない。
●宿屋「モスリンズ」
宿の主人、「ダル=マについては何も知らない」
宿の2階を調べてみると【ダル=マの日記】を発見。
それをネタに主人を問い詰めてみると、「ダル=マがここに立ち寄ったがすぐに何処かへ行ってしまった」
身の回りの物をそのままで?

●「モスリン衣類雑貨店」裏手でダル=マの物と思われる馬を発見。
再度、エティラに話を聞くと、「あの馬はうちの馬だ」

●教会で1冊の本を手に入れる。
【深き者たちの聖書】というタイトルだが、特殊な文字で書かれていて読めない。
深き者たちとは?


日が暮れたので宿で休む事にした。
ベッドに入りウトウトしだした時、部屋の扉が静かに開く音が・・・侵入者か・・・
その侵入者・・・上半身裸の男・・・が棍棒片手に襲い掛かってきた!
すぐさま剣を手に取ると侵入者を切り伏せる。
どうやら村ぐるみで何かを隠しているようだ。
宿の主人を探すも、姿が見えない。
なんだか嫌な予感がしたので装備を整えると村を離れた。森の中で一晩過ごし明朝、村に戻ってみる事にする。

翌朝、村に戻って調査を再開。
村人に聞き込みを行うと、ジヴ・ヒリエルという男が「今晩、家へ来てくれ」と小声で囁いてきた。
助けか・・・はたまた罠か・・・
これ以上、手掛かりが見つかりそうにないと判断した私は日没を待つことにした。


日没前。
私はジヴ家を訪れた。
「よく来てくれた。集会に行かないと怪しまれるからね・・・」
彼の話によると・・・
・街の地下に洞窟があって、ダル=マはそこに囚われている。
・ダル=マは深き者どもを呼び出す為の、生贄にされる。
・街の人々は深夜になると礼拝を行うから、その時に洞窟へ潜入すると良いだろう。
ジヴは話の最後に地下へと続く戸を開ける為の鍵【ハックダートの鍵】を渡してくれた。

私はこのままジヴの家で深夜になるまで待つ事にした・・・


深夜、洞窟に潜入開始。
至る所に近き者がいたが全て撃退。
洞窟の北側でダル=マを発見。牢の中に閉じ込められていた。
彼女に助けに来た事を告げ、【ハックダートの鍵】で牢の扉を開ける。
後は彼女を連れてコロールへ戻るだけ。もちろん愛馬のブラッサムも一緒に。

一晩かけて彼女を無事に母親の下へ連れて帰る事ができた。
母親シードは感謝の言葉と共に商才について教えてくれた。少しは物品売買が上手になれただろうか?

ハックダートを包む影・・・私は少しだけ「闇」に触れたような気がした・・・


第三紀 433年 薪木の月 18日
クエスト【ハックダートを包む影】 完了

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://process20020623.blog50.fc2.com/tb.php/99-9a1b23ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。